心がつながるセックスが女性を最高のオーガズムに導く!

menu

オーガズムの波の中で戯れるヴィーナス

セックスで痛みが走るのは心が原因の場合が多い

fotolia_120258165

「指を挿れてみますね!」

「痛い!!」

「それ以上駄目です!」

まだほとんど指を挿れていないのですが想像以上の痛みでした。

挿入時に痛みがあり彼氏とセックスが出来ない女性です。

何とか解決して欲しいと頼まれたのです。

「いつもこんな感じですか?」

「はい。それ以上進めると激痛が走るんです。」

指でこんな感じですからペニスだったらもう完全にアウトだと想像できました。

私は過去7人のセックスが出来ない女性にお会いしたことがあります。

彼女達は挿入しようとすると激痛が走りセックスが出来ないのです。

いくら愛し合っていても一つになれない。これは悲しいことです。

一生このままセックスが出来ない人生になってしまうのかと焦る気持ちが強くなるものです。

なぜ挿入時に痛みが生じるのでしょうか?

心が原因のケースがとても多いのではと思っています。

彼女達の様子を見ていて一つの共通項があったからです。

行為中にずっと目を開いているのです。

何をしていても開いている。

「彼とのセックスの時も目を開いていますか?」

そう聞くと、

「はい。彼からお前どこにって居るの?と良く言われます。」

7人全員が程度の差はありますが目を開いている割合が多い。

目を開いているとういことは心が外を向いているのだと思います。

もし内側に向いているなら目を閉じている。開いていても何かを見ているわけでない。虚ろな目になっているはずです。

彼女達はどこか他へ気持ちが行っているような目の開け方です。良く考え事をしている時の目です。

心が彼やセックスの方にほとんど向かっていない。

その結果、体が彼を受け入れる準備がほとんど進まない。快感が上がらないのです。

どうしたらいいのか?

何とか彼女の心を彼やセックスに誘導する、溶け込むようにするしかありません。

心が入れば体が変わり脳の快感回路のスイッチが入り易くなるからです。

私がアプローチしてその7人の女性で改善したのは一人だけ。

彼女とは7回お会いしました。

もともと極端に感じやすい体質であった事とかいろんな幸運に恵まれ、短期間でオーガズム体質にまで導くことが出来ました。

でも後の6人は1回しかお会いしていないこともあり解決は出来ていません。

彼女達の悩みを解決するのは心が通い合っている恋人とか夫です。

急がず、焦らず、ゆっくりと心をつなぎ適切なアプローチをしていくことです。

絶対無理をしてはいけません。男は毎回射精が出来ませんが、そんなことより女性の悩みの解決を最優先させます。

男性は優しさと忍耐が不可欠です。

その優しさが心を解していくのです。

そして適切な考え方を持つことが鍵です。

セックス、心、オーガズム、女性・・・それらに関する適切な考え方を持ってください。

粘りよくアプローチすれば必ず結果は出て来るものです。

ポイントは快感です。

彼女の快感を出来るだけ引き出すようにしてください。

快感により心がセックスに導かれやすくなります。

そして、徐々に徐々に挿入にトライしてください。

「気持ちいい?」

「とっても!」

「ちょっと挿れてみるね。」

「うん」

「大丈夫?」

「あ、やっぱり痛い!」

「分かった、少しづつ進めていこうね。」

こんな感じで半年、1年という長いスパンで接することです。

必ず心がセックスの中に溶け込むようになるものです。

心をやさしくつないでいくこと、快感の中に誘導するようにすること。

必ず治りますから諦めないでくださいね。

 

雅人

“メイクラブアカデミー”

関連記事

“メイクラブアカデミー”