心がつながるセックスが女性を最高のオーガズムに導く!

menu

オーガズムの波の中で戯れるヴィーナス

セックスでイケない女性をイクようにする唯一の方法

セックス

「気持ちいいけどなかなかイケない!」

「セックスだとクリでもイケない。」

「クリはイケるけど中イキが無理。」

「ぜんぜん気持ちよくない!!」

「イクという感覚が分からない。」

「中イキを経験したい!」

「何十回ってイケたら幸せ。」

 

こんな声を女性からたくさん聞いて来ました。

イケる女性にとっては自然な経験でもイケ無い女性に取ってはとっても遠い世界の体験なんですね。

イケるようになるためにどうしたらいいか分からない女性が多いと思います。

彼に期待するも、彼もどうしたらいいか分からないのですからどうしようもない。

ネットを見るとたくさん方法は掲載されていますがどれが本当なのか迷うばかりです。

一つ言えることはこれをやったら瞬く間にイケるようになる!・・・そんな魔法のような方法は無いということです。

私の経験からするとすべては体質にかかっています。イケないのは「イキにくい体質」が原因なんです。

その「イキにくい体質」を「イキやすい体質」に変えることが根本的な解決方法です。

確かに体質は変わるんです。人によって早い遅いの違いはありますが変わるのは確かです。

女性は誰でもセックスでイクことが出来る。中イキが誰でも出来るということです。

では、体質を変えるにはどうしたらいいか?

これだけやればいいという魔法のテクニックはありません。

総合的なアプローチが必要となります。

・心を行為に導く。(快感に引っ張る)
・全体の快感レベルを可能な限り上げる
・子宮を外部から適切に刺激する
・子宮を内部から適切に刺激する
・強い快感を長時間与える

上記のアプローチを繰返し行なう事です。

簡単そうですがそれぞれの領域でコツがあります。コツが分かれば効果的に成果が出て来ます。

上記のアプローチでなにを狙っているかと言うと脳の快感回路を活性化させるということです。

イクのは脳のスイッチが入るからです。決してクリや膣を刺激したからイクわけでない。

そこはきっかけにしか過ぎない。この誤解を持ったままアプローチするのでなかなかイクのスイッチが入らないのです。

体の準備が整えばたとえクリや膣を直接刺激していなくてもイクことが普通にあるのです。

脳のスイッチが入りやすいようにすればいい。

そのポイントが上記のような項目を押さえること。もちろんもともとの女性の体質もみんな違っていますので、その女性にあったアプローチが必要です。

これが出来る男はまず前戯をしっかりやって快感レベルを上げられる能力が必要とされます。

前戯をしていない、または手を抜いているような男は女性の体質は変えられません。

なによりも女性に優しく無い男性は無理です。自分の快感より女性の快感を優先させる性格が無いと無理です。

自分中心の男性は自分がイケばそれで終わりですから。女性が高まるチャンスがありません。到底、体質は変わりません。

女性の満足を第一において、なにより優しく探求熱心であること。このような男性であれば、いつか女性の体質を変えられるかもしれません。

それにしてもほとんどの男性は女性の体質を変えた経験がありませんから、試行錯誤の連続でかなりの時間がかかるかもしれませんね。

それでも「イキにくい体質」を「イキやすい体質」に変えられたら凄いと思います。その女性はセックスで一生中イキが普通に出来るのですから。

ちなみに私の場合は6回で5割、8回で7割位です。「イキにくい体質」を「イキやすい体質」に変えた現在のところの成功率です。女性のもともとの体質に依存しているので客観性が弱い数値ですが。

早い場合は1回でイキやすい体質、2回でオーガズム体質に変えた経験があります。最終的に何十回と連続イキが出来る体質になりました。

イケ無い女性、中イキが出来ない女性、悩まないでくださいね。必ず女性ならイケるようになりますから!

 

雅人

“メイクラブアカデミー”

関連記事

“メイクラブアカデミー”