心がつながるセックスが女性を最高のオーガズムに導く!

menu

オーガズムの波の中で戯れるヴィーナス

オーガズム開発は心のつながりがとても重要

heterosexual couple having sex

定期的にお会いしている女性が居ました。

30代のとても綺麗な方です。

彼女は最初から私に親近感を持ってくれてました。

セックスも含めて彼女と一緒に居る時間はとても満足感が強いものです。

彼女は長い間セックスレスにあったのです。

中イキはもちろん出来ていません。セックス自体どこか初々しい。慣れていないのです。

彼女の体質は子宮もほとんど反応しておらずオーガズム開発は時間がかかると思いました。

クリでのオーガズムもほとんど無かったと思います。

確かに時間がかかりました。

月に1回のペースでお会いしていたのですが最初の頃は子宮が十分に反応しませんでした。

でも確実に体の感度は上がって来ているのが分かりました。

クリトリスはもちろん、膣の入口でもオーガズムを経験するようになったのです。

そして中イキが成功したのは8回目のセックスでした。

いつものように前戯で十分に快感レベルを上げて適切にアプローチしていきました。

この日も膣の入口でかなり強いオーガズムを経験しました。

その時、彼女が私に言ったのです。

「もっと中を刺激して・・」

「え?中が感じるの?」

「ええ、とても」

今までそんなに強く中は快感が無かったのです。それが強いものに変わっていた。

中イキが近づいているのかなと思いました。

そして挿入の仕方も変えてみることにしました。あまり動かさないでより心を重視したアプローチの方が劇的に変わるかもしれないと思っていたからです。

挿入しても動かないで彼女をただ抱きしめるようにしました。

適度な圧を子宮に与えるためぐっとペニスに力を入れるようにして。

ハグをしながらキスをしたりして彼女との心のセックスに重点を置くようにしたのです。

彼女も積極的にキスをしてきたり私の背中を強く抱いてくれました。

体はほとんど動かず心を通してつながっている状態です。とても心が満たされる状態です。

そのうち彼女の口から声が漏れるようになってきました。

「あっ、あっ、あ!」

今まで中での快感がほとんど無かったのに・・・

少しづつ動きを入れて行くようにしました。

「あ〜っ!」

「・・・」

「だめ、あっ!」

どんどん声が激しくなっていきます。

子宮を刺激する感覚で動きを強めました。

「イク!」

少し動かしただけでオーガズムに達したのです。

長年中イキが出来ない悩みが解決した一瞬です。

挿入して強く動かすより、逆に動きを止めて心のつながりを強めるアプローチが良かったのです。

誰もがこのようにすればオーガズムに達するわけではありません。

でも、彼女はこのアプローチがベストなんだと思います。

それは私と心がつながっているという前提があったからです。そして彼女の特別な体質があったからです。

その体質というのは動きをセーブした方が逆に快感が上がるという体質です。

どんな女性にもこの傾向はあります。彼女はとくにその傾向が強かった。

心をより強くつなげるアプローチをしたのでいっきに体が反応しはじめたのです。

もし、彼女とさほど心が繋がっていなかったら・・・

もっと多くの時間が必要だったと思います。半年、1年とかかったと思います。

心がつながること。オーガズム開発でなくてもセックスで満たされたいと思うなら絶対必要なことですね。

 

雅人

“メイクラブアカデミー”

関連記事

“メイクラブアカデミー”